前へ
次へ

腰痛を防ぐには骨盤を立てる習慣

腰痛持ちのため整体によく行きますが、そこで言われるのが「骨盤を立てることを意識してください」ということです。座っている時も立っている時も、骨盤が立った状態を保てば腰痛になりにくいそうです。まず座っている時ですが、椅子やソファーは低すぎないものを選びましょう。座ったときに腰の位置が膝より下にくるような高さだと、骨盤を立てて座ることができないからです。椅子には浅めに腰掛け、背もたれには背中をつけません。お腹に力を入れ、引き上げる感じで姿勢を保ちます。難しかったら、手でお腹を抑えてみると真っ直ぐに背中が伸びます。この姿勢はけっこう腹筋を使うので、お腹もひっこむしすらっときれいに見えるという効果もあります。逆に、腹筋を普段使っていない人ほど骨盤を倒して座り、腰に悪い姿勢になっているということでしょう。肥満は腰痛と直接関係はありませんが、腹筋不足でお腹がぽこっと出ている人ほど腰が痛くなりやすい、ということは言えるでしょう。

Page Top